帯山の楓(ホンダ スーパーカブ50との日記)

81年式Honda super cub 50 DX(C50DB) オレンジ色のカブを入手『帯山の風号』と命名 82年式史上最強のHonda super cub 50 SDXをその後入手したので『帯山の颯号』と命名97年式Honda super cub 50 custom4速セル付 を入手『帯山の飆(つむじかぜ)号』と命名飆号(つむじかぜ)号はお嫁入りしました。

ソロツーにて下筌ダムへ  

ソロツーに行ってきました。\(^-^)/

前回の記事、映画「虹色ほたる」を

観た影響もあったのですが

前々から行きたかった下筌(しもうけ)ダムへ

行くこととしました。\(^-^)/



若い頃に↑の写真を観て

すごいショックを受け

一度は行ってみたいたとずっと思って

おりました。



白黒写真でわかりにくにですが



これが

下筌ダムの反対闘争の舞台になった

蜂の巣城です。

壁面にずらっと小屋が建てられ

それを渡す渡り廊下、反対の看板、

人が入られないように有刺鉄線を

巡らせてあります。

当時は電話や電気も引かれていたそうです。


ダム建設にあたり325の家屋、

14の神社や寺がダム湖の底に沈みました。



下筌ダムは

治水と発電を目的とした

多目的ダムです。





私はダムが好きなわけではありません。

そこにある

歴史、人の悲哀に興味があります。


蜂の巣城があった場所は



ダムの右岸



今や事務所のある下のコンクリートで

固められたあたりです。


下流の人の暮らしを守るために

325の家族が住み慣れた

土地を追われる現実

何が正解かは私には分かりませんが

300以上の悲しみや憤りがそこにはあります。

それを思うと静かな山間の美しいダムが

憎くも思えてきます。





蜂の巣城は50年以上前の話ですが

どこのダムに行っても

ダム湖の底に眠る今はなき山村の

風景と人々の営みを想像して

悲しい想いに至ってしまいます。



過去の歴史に今を学ぶことが

その想いに報うことの

ようなきがします。

くわしくは→下筌ダムWikipedia

 にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村 ↑カブ愛好家のブログがいっぱいです。
ポチッとお願いします。m(_ _)m
スポンサーサイト

Posted on 2015/05/21 Thu. 03:51 [edit]

category: 旅の記録

tb: 0   cm: 6

コメント

(;_;)

蜂の巣城!!
知らんかったです(*_*)
熊本に行く時にチョイチョイ通る場所なのですが……(;_;)
隣り合わせの松原ダムでも同じ様な事があったのかなぁ?

今度通る時は蜂の巣城の事を思い出しながら走ります。

URL | Panda #-
2015/05/21 07:54 | edit

こちらへは初めて書き込ませていただきます<(_ _)>

ダム建設にまつわる話しはいろいろと耳に入りますが
下筌ダムにもすさまじいな歴史があるとは・・・
連休前後に2度ほどこの周辺を走りましたので

これからもよろしくお願いします

URL | 伊右衛門 #q/jcOni6
2015/05/21 08:41 | edit

なるほど…

ダム周辺は緩やかなアップダウンなんかもあり、絶好のツーリングコースでもありますよね。反面、たしかにそういった事情の中で制作されたという事もあり、複雑でもあります。ボクも次回行ってみたいと思います!

URL | ちゃんたけ #-
2015/05/21 11:17 | edit

pandaさんへ

ダムに歴史ありですね
松原ダムの方は聞いたことありませんが
ひょっとして
下筌ダムと合同で反対運動してたのかな?
水曜日に行ったものだから
資料館休みでした。(ノ´∀`*)

持ってるのか?持ってないのか?
本田圭介にでも聞いてみましょう
o(*⌒―⌒*)o

URL | 帯山の嵐 #-
2015/05/21 16:10 | edit

伊右衛門さんへ

コメントありがとうございます\(^-^)/
川辺川ダムでもすったもんだありましたからね
なかなか走り良いですよね
私は50ccですので
登りで減速しますが
それでもよろしかったら
ご一緒しましょう\(^-^)/

URL | 帯山の嵐 #-
2015/05/21 16:14 | edit

ちゃんたけさんへ

歴史好きの私にはたまらん場所です。
景観もダムを造る際に
注文つけたらしいですよ。
歴史を感じながら
一人でゆっくり走るのも
なかなか良いものですo(*⌒―⌒*)o

URL | 帯山の嵐 #-
2015/05/21 16:25 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://obiyama.blog.fc2.com/tb.php/846-223cdcf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

since July 2012

現在閲覧者数

フリーエリア

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

記事ランキング

最新コメント

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

QRコード


▲Page top