帯山の楓(ホンダ スーパーカブ50との日記)

81年式Honda super cub 50 DX(C50DB) オレンジ色のカブを入手『帯山の風号』と命名 82年式史上最強のHonda super cub 50 SDXをその後入手したので『帯山の颯号』と命名97年式Honda super cub 50 custom4速セル付 を入手『帯山の飆(つむじかぜ)号』と命名飆号(つむじかぜ)号はお嫁入りしました。

お盆  

今日はまだ私が

居酒屋で働いていた頃の話をします。



もう、25年ほど前の話になりますが

お盆の頃のとある日、職場に出勤

しましたら、

当時、私の上司の方が

慌てて私の元に近寄り

「昨晩、観たばい!」

と話しかけてきたのです。

「何をですか?」

という私が問うと

「幽霊たい!!」

との答え

!Σ( ̄□ ̄;)




詳細を聴くと

昨夜、仕事を終え


居酒屋さんの

仕事を終える時間は

真夜中の2時過ぎです。



バイクに乗って帰っており

白山通りから入った

JRの踏切に差し掛かった所でのこと


熊本の方ならお分かりでしょうが

このあたりの踏切は

単線で住宅地を通り、

夜中は人など通るはずもない

閑散とした場所なのです。

そして、事故の多い踏切が

点在している

場所でもあるのです(^_^;)



その踏切に

赤いランドセルをからった

小学校3年ぐらいの女の子と

同じく黒いランドセルを

からった小学校1年ぐらい男の子の

兄弟らいき子供二人が

手を繋いで踏切を

横断していたそうです。



私の上司はその二人の子を

後ろから追いかけるような形でしたので

顔は見えません。


上司はその二人の子を追い越し、

何でこんな時間に??

などと考えて

追い越したあと、何気に

バックミラーで確認した

らしいのです。



すると



二人の子は光の玉

なっており

その光の玉はそれはそれは

眩しかったらしいのです。

そのあと、光はスーッと

消えて、

あとにはバイクのエンジン音だけの

何もない静寂だけが

残っておったそうなのです。

(。>д<)



上司いわく、

きっと、この踏切で亡くなった

幼子がお盆でおうちに帰って

いたのだろう。

という見解!!

私も大きくうなずき、

ご両親と会えたかな~?

などと話したのを思い出します。



皆さん、それぞれのお盆を

過ごされておられることでしょう。

亡き方々を思いだし、

ご冥福を

心からお祈り致しましょうm(_ _)m

合掌!!
スポンサーサイト

Posted on 2014/08/15 Fri. 10:07 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

コメント

御盆!!

love cub さん♪も!!この御盆に、今は亡き!お友達との約束♪を果たされたみたいですね(^o^)

僕は昨夜、実家に御参りに行って来ました(^o^)
今晩は、嫁いでる娘夫婦が帰省していますので、嫁ぎ先の御家族と僕の家族で!焼肉を食べに行きます!!
送り火!!じゃなくて!?炭火!!です……!(^o^)


URL | Panda #-
2014/08/15 11:33 | edit

Pandaさんへ

それぞれのお盆ですね!
私は仕事です。
仕事といっても、事務室に待機で
電話番と来客の際の接待です。
電話もほとんど無いし
来客なんてきませんけどね!
(^_^;)

URL | 帯山の嵐 #teoMjvJ.
2014/08/15 11:52 | edit

(^〇^)

お仕事中ですか!?
お疲れ様です(^o^)

僕は、御盆中は14日のみ!!休みです……!
今日は仕事しています(;_;)
嵐さん♪と同じで、誰も来られないとは思いますが……!
一応ね♪
甲子園見ながら……!
事務仕事でも!しようかなぁ!?



URL | Panda #-
2014/08/15 12:20 | edit

Pandaさんへ

明日は城北の試合です。
先ほどしんちゃんに
聞いたらR奈ちゃんだけ
応援に行くそうです。\(^-^)/

URL | 帯山の嵐 #teoMjvJ.
2014/08/15 13:10 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://obiyama.blog.fc2.com/tb.php/626-d15c2a6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

since July 2012

現在閲覧者数

フリーエリア

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

記事ランキング

最新コメント

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

QRコード


▲Page top