帯山の楓(ホンダ スーパーカブ50との日記)

81年式Honda super cub 50 DX(C50DB) オレンジ色のカブを入手『帯山の風号』と命名 82年式史上最強のHonda super cub 50 SDXをその後入手したので『帯山の颯号』と命名97年式Honda super cub 50 custom4速セル付 を入手『帯山の飆(つむじかぜ)号』と命名飆号(つむじかぜ)号はお嫁入りしました。

カブにミサイルスイッチ装着  

今朝、いろいろ買い出しに

行って

材料を揃えました。



ほしかったのはこれ!



アルミのボックス!


さて、作業開始\(^o^)/

ウィンカーリレーに繋がる

配線を分岐!

ライトから配線を伸ばし!

ボディアースの配線を繋いだら

一丁出来上がり(o⌒∇⌒o)




これを2つ作ります。

ボックスに穴を空けまして。

ミサイルスイッチ装着\(^o^)/





右側のスイッチはまだ配線しません

ブルーランプをどうするか?

まだ、決めてないので

保留です。


全ての配線をつないで

キースイッチON!!



ミサイルスイッチの頭には

小さな発光ダイオードが付いてます。

夜でもスイッチの場所がわかります。

((o(^∇^)o))


左側のスイッチを入れると



フォグランプが点灯します。



真ん中のスイッチを入れると



ホワイトランプ(補助灯)が点灯します。



両方スイッチを入れると



両方点灯します。





配線はレッグシールドの

空気穴をから通しました。



いろいろスマートにするために

手直しが必要ですが、

それは追々やっていきます。

((o(^∇^)o))





スポンサーサイト

Posted on 2014/04/26 Sat. 17:37 [edit]

category: メンテナンス

tb: 0   cm: 8

コメント

これは(・∀・)イイ!!
戦隊物のヒーローになった気持ちになれそう。
「ポチッとな」

URL | hondara #-
2014/04/26 20:15 | edit

hondaraさんへ

ありがとうございます。\(^o^)/
いったいわたしは
どこに行こうとしているのやら!

しかし、男子はメーターや
スイッチがたくさんあると
それだけでテンションが
あがりますね(o⌒∇⌒o)

URL | 帯山の嵐 #teoMjvJ.
2014/04/27 01:59 | edit

ミサイルスイッチ 思わず笑ってしまいました アイデアに脱帽です。 

URL | koshi #-
2014/04/27 06:53 | edit

賑やか♪

凄い!!賑やかになって来ましたね(^o^)
一番右のスイッチは、何かまた隠し玉があるのかなぁ?
風号♪現車見るのが楽しみです(^o^)

URL | Panda #-
2014/04/27 07:10 | edit

帯山の嵐さんおはようございます(*^^*)ニコニコ

す、凄ごすぎる・・( ; ゜Д゜)ゴクリ
まさに職人ですね~(*^^*)ニコニコ

URL | lovecub #aIcUnOeo
2014/04/27 07:16 | edit

koshiさんへ

いろいろスイッチを探してたら
こいつに出会い
速攻購入しました。\(^o^)/

KoshiさんもG.Wにいっしょに
大空食堂にいきませんか?

URL | 帯山の嵐 #teoMjvJ.
2014/04/27 10:49 | edit

Pandaさんへ

一番右側のスイッチは
サイクロン号のように
パラシュートがでます。((o(^∇^)o))

右側のスイッチは
真ん中の電球を青色に塗っている
ライトを点灯させるかでどうかで
悩んでます。(o⌒∇⌒o)

URL | 帯山の嵐 #teoMjvJ.
2014/04/27 10:54 | edit

lovecubさんへ

実はレッグシールドの下は
配線がごちゃごちゃになって
収拾がつかなくなってきてます。
(。>д<)
ここだけの話ですよ。( ^∀^)

URL | 帯山の嵐 #teoMjvJ.
2014/04/27 10:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://obiyama.blog.fc2.com/tb.php/516-2f990ee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

since July 2012

現在閲覧者数

フリーエリア

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

記事ランキング

最新コメント

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

QRコード


▲Page top