FC2ブログ

帯山の楓(ホンダ スーパーカブ50との日記)

81年式Honda super cub 50 DX(C50DB) オレンジ色のカブを入手『帯山の風号』と命名 82年式史上最強のHonda super cub 50 SDXをその後入手したので『帯山の颯号』と命名97年式Honda super cub 50 custom4速セル付 を入手『帯山の飆(つむじかぜ)号』と命名飆号(つむじかぜ)号はお嫁入りしました。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カブをモッズ化 5-1  

あまりに天気が良いので
イエローフォグランプを
点灯できるよう配線してみます。
まずは、ヘッドライト内の
スモールライト(車幅灯とかポジションランプとかイエローフォグランプなどの
名称があります)に配線を繋ぎます。

新しく購入したフォグランプは
+電極から1本しか配線が出ていなくて
-電極はボディアースと言うもので
ボディ自体が-になっております。
なのでテスターで
フロントキャリアに取り付けたフォグランプが
ちゃんと-電極としてボディに通電しているか?
調べてみました。
フロントキャリアのステー側と

ヘッドライト内のスモールライトの+電極側

めでたく通電しておりました。

途中でプラスチックや塗装部分やゴムなどの
絶縁物を介していると
この手のライトは点灯しませんので
要注意です。(^_^)b
配線の途中にギボシを取り付けました。

ギボシの取り付け方は
導線とギボシ金具を結束し
熱圧縮チューブで防水しました。
反対側も同じです。

レッグシールドの裏側を通して

ライトの裏に出します、
赤の配線が今回点灯したいフォグランプの配線
茶色の配線がカプラーを介して配線する側の導線です。

配線完了~

エンジンかけて
スイッチON~

(@_@;)
左側か点かない~(>.<)
いろいろテスターで通電テストしましたら
最初のギボシの取り付け結線がうまくいってなく通電してないようです。

もう外も暗くなってきたので
明日やり直します。
しかし、テスターとは便利な物ですね。
つづく!
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2013/04/13 Sat. 18:09 [edit]

category: モッズ化

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://obiyama.blog.fc2.com/tb.php/169-9911c9ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

since July 2012

現在閲覧者数

フリーエリア

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

記事ランキング

最新コメント

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。