帯山の楓(ホンダ スーパーカブ50との日記)

81年式Honda super cub 50 DX(C50DB) オレンジ色のカブを入手『帯山の風号』と命名 82年式史上最強のHonda super cub 50 SDXをその後入手したので『帯山の颯号』と命名97年式Honda super cub 50 custom4速セル付 を入手『帯山の飆(つむじかぜ)号』と命名飆号(つむじかぜ)号はお嫁入りしました。

カブにアーシング  

アーシングとは?

私もあまり理解してはいないのですが

簡単に言うと

本来マイナスの電極は

車体の金属部分を通って(ボディーアース)

バッテリーに

戻ります。

しかし、古いバイクになると車体やネジなどが

錆びて

十分に電気が戻れなくなることがあります。

動脈硬化と同じで

マイナス側の流れが悪いと

プラス側からの電気の供給も悪くなります。


それでは本来のプラグのスパークは

期待できません。

そこで車体よりも電導率の高い銅線などで

直接、バッテリーのマイナス極に

戻して

電気の流れを良くし、

本来のプラグのスパークを取り戻す

というものです。

バイパス手術みたいなものですね

(ノ´∀`*)


なので、新車には必要ないし

本来の性能以上の効果は

ありません。


他聞に漏れず颯号(スーパーカブ50SDX)も

各所錆びております。(/≧◇≦\)


これもお達者カブミーティングで

お会いしたMD乗りDM860SSさんこと

宮さんに

教えていただきました。↓




分かりやすいように

青色の銅線がアーシングの為の銅線です。

本来アーシング用の

コードがあるようですが

青色銅線の太いのが

転がってたのでそちらで代用してみます。



↑プラグ付近のネジから

銅線を伸ばして

レギュレターの固定ネジに止めます。



このネジにはバッテリーのマイナス極から

引っ張ってきた銅線も共締めします。



共締めで、結束していることと

同じですねo(^o^)o


もう一ヶ所

イグニッションコイルの固定ネジから

銅線を引っ張って来ます。



これもレギュレターの固定ネジに

共締めします。



これで完成です。\(^o^)/




走りが変わったか??


はっきり言って私には

あんまりわかりません。(ノ´∀`*)

まだ、近所をグルグル回っただけですけど


でも、これでこれ以上ヤレ感が

出てもちゃんと電気は流れますので

プラグのスパークに関しては

安心感はあります。o(^o^)o




にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2016/08/04 Thu. 06:00 [edit]

category: SDX

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://obiyama.blog.fc2.com/tb.php/1213-e48a9243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

since July 2012

現在閲覧者数

フリーエリア

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

記事ランキング

最新コメント

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

QRコード


▲Page top